読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン、秘境に行く 〜働きながら世界一周〜

夫婦で193カ国訪問目指しています。特にニッチな国について紹介する旅ブログです。

2014.09_アジアの秘境ブータン③

目次

 

ホテル(Terma Linca)

さて、ホテルに到着。

ティンプーでの2泊は、テルマリンカ(Terma Linca)にStay http://termalinca.com/

ここはブータン皇室が運営しているホテルで、宿泊代の一部は国の福祉分野に寄付される仕組みになっています。

リュク男さんは、どこにでも進出している外資の高級ホテルよりも「その土地っぽいホテル」「現地資本のホテル」に泊まることを旅の醍醐味としており、私もこのホテルは川のほとりの雰囲気がとても気に入ったので2人で即決!

ブータンって後進国だと思っていたので、現地資本のホテルは難易度が高めかな、、、と到着するまで少し不安でしたが、めちゃくちゃ清潔でデザイン的にも洗練された、超素敵なホテルで驚きました。日本で例えるならば、星野リゾートに似た雰囲気。

外観

f:id:trip48-193:20170322162743j:plain

朝食を食べたカフェからの眺め(外にテラス席があります)

f:id:trip48-193:20170322163147j:plain

 

夜ごはんを食べたレストラン。色遣いが非常にフォトジェニック!

ブータン料理もここは有名らしく、大変おいしかったです。

f:id:trip48-193:20170322162802j:plain

部屋はこんな感じ。テレビも液晶。とても新しくて清潔。

f:id:trip48-193:20170322165523j:plain 

出典:TermaLinca公式website

 

昼食

眠い目をこすりながら、ガイドさんに車で地元レストランに連れて行ってもらい、ブータン料理を食する。ここで、大学時代の友人登場。彼女はなんとこの時期、ブータン政府観光局で働いており、今回の旅行の手配の殆どを手伝ってくれました。大学以来の再会と、初対面のリュク男さんの紹介をし、しばし歓談。

このレストラン、名前を忘れてしまいましたが、大変美味。また、フォトジェニック。

 f:id:trip48-193:20170322171211j:plain

唐辛子のチーズ煮込み(エマ・ダツィ)チーズ炒めや、干し肉と唐辛子の煮込みとかの、唐辛子メイン。辛さにヒーヒー言いながら、赤米や、蕎麦粉で作ったパンと一緒に食べる。

バター茶という、バターをお湯にとかした様な味のお茶がどこに行っても毎回出てくるのだけど、、、これは、、、w

 

クエンセル・ポダン(ティンプー大仏)

金ぴかの巨大大仏さま。高さ50mで世界最大といわれているそう。2010年に開眼したそうですが、台座部分はまだ建設中。シンガポールと香港の億万長者が奉納、総工費80億円以上かかっているらしい。。。すごい。。。けど、エコで素朴な幸せの国ブータンに、キンキラキンすぎる気がするのは、私だけだろうか。

f:id:trip48-193:20170322173642j:plain

とにかく、ここからの眺めが絶景。まさに、風の谷。

f:id:trip48-193:20170322173714j:plain

 そして、近くの木に、私もルンタを付けさせてもらいました。風が沢山吹くところに付けるのが良いらしい。風にはためいた数だけ、読経したことになるそう。

f:id:trip48-193:20170322173751j:plain

 なんとも、洗濯物状態。それだけみんなこの風の丘に、願いを込めているのでしょう。

f:id:trip48-193:20170322174921j:plain

1日目の続きは④に続く。